【体験談】タップルでマッチした44歳の男性とランチデートしてきた

tappleマッチングアプリTapple体験談

どうも、出会いに飢えている24歳OLのありさです。

なかなかイイ男って見つからないものですね。

ありさ
ありさ

やばい…このままじゃまた夏を1人で迎えてしまう…嫌だ、それだけはなんとしてでも避けたい!

ということで、今日の記事は先日、近場でサクッと会える人を探すときに使っているタップルでひとりの男性と会ったときのお話です。

割とサクッと出会えたのは会えたんですけどね…

まあ、そのときの一部始終を書いてみたので、ぜひご覧ください!

私と同じくタップルで出会いを探したい方はこちらから登録できます。

タップルで見つけたデート相手のスペック

今回のデート相手のスペックはコチラ!!!

年齢 44歳
身長 170cm
年収 500~700万円
仕事 サービス業
写真 ダンディなおじさま

こんな感じです。

年上好きな私は、写真越しに伝わってくるダンディな雰囲気に惹かれたわけです。

出会うまでのやりとり

仕事帰りの電車の中で、暇だったのでタップルをチェック。

「相手からのいいかも」がきていたので見てみると、同じ地域に住んでいるダンディなおじさまから「いいね」がきてたので「ありがとう」を返しました。

すると、向こうから「こんにちは!〇〇に住んでます^^よろしくお願いします。」とメッセージをくれたのでやりとり開始。

やりとりを始めて3通目でドライブのお誘い。

タップル

男性はどう思ってるのかわからないけど、知らない人といきなりドライブ行くのは怖いです。

そう思ってる女性はきっと多いはず。

タップル

相手が夕方からお仕事だったのでランチデート決定!

相手がパスタが食べたいと言っていたのでパスタ屋さんを検索。

駅近の食べログ2位のお店を発見したのでそこをチョイス。

会うまでに1週間ほど期間が空いたので、前日に時間と場所を再確認していざデート当日へ…

嘘だろ、初対面でサンダル!?

お店の前で待ち合わせの約束。

5分程先に着いたので、携帯を触りながら待っていると1人の男性がこっちに近づいてくるのが視界に入った。

顔をあげてこちらから声をかけてみる。

ちなみにかなり目が大きくて芸人の博多華丸さんに似ていたので以下、彼のことは華丸さんと称します。

ありさ
ありさ

こんにちは、ありさです。

ぎょろめ男
華丸さん

あ、どうも。はじめまして~

ありさ
ありさ

お店これです、入りましょ~

んんっ!?写真と違うぞ…??

実物を見た感想は、プロフィール写真よりも老けてました( ゚д゚)

写真は白黒だったから分かんなかったけどこれは騙されたと思いましたね(人のこと言えんけど)

そして、まさかのサンダル!!!!

いや、服装は自由だから別にいいけど、初対面のデートでサンダル履いてくるか?

正直、この時点でゲンナリ。

私的には無理だと思ったけど、みなさんどう思います?

思考回路を停止させるほどの胸毛

ランチデートの場所はパスタ屋さん。

さっそく入ると、周りのお客さんが「女性1人」「若い女性2人組」「カップル」のみ。

私が何も考えずに選んだのですが、これはもう、完全にお店選び失敗です。

反省(´・ω・`)

相手の方とは20歳離れてるし、お互い私服だし、どっからどう見ても親子にしか見えないわけですよ。

ちょくちょく周りから視線は浴びましたが、そんなことは気にしません。

パンやサラダがついたランチセットを頼んで、ご飯がくるまで何気ない会話をします。

注文したあと、話しながら華丸さんのことをじっくり観察していたのですが、もう気になって気になって気になって仕方がない。

華丸さんが着ているインナーのタンクトップから、溢れんばかりの量の胸毛が飛び出ている。

さすがダンディと言いたいところだが話が全然頭に入ってこない。

私の頭の中は飛び出る胸毛でいっぱいなのだ。

胸毛に気を取られている間にランチセットの前菜がきた。

華丸さんはゴソゴソと携帯を取り出し、構える。

「カシャッ」

(え?これは撮るほどの盛り付けでもないぞ?)

華丸さん、食べ物の写真を全部撮るんですよ。

私は察した。

ありさ
ありさ

もしかしてインスタに載せるんですか?

ぎょろめ男
華丸さん

いや、インスタはしてない。

してないんかいっ!!!

聞くと、どうやら写真を撮るのが好きなようです。

私も食べ物の写真撮るから気持ちは分かるけど、パン1個でも撮ってるのには少し驚き。

無言でめっちゃ見つめられるー!!

そうこうしているうちにメインのパスタが。

(トマトパスタです。美味しかった。)

私は、華丸さんがサラダとパンを食べていたので、食べ終わるまで手をつけずに待っていました。

はやく食べていいよって言ってくれんかな…と思っていた矢先、華丸さん、我先にと食べだした( ゚д゚)!!!

(まじか…マイナス10ポイント!!!)

このあとも、食べながら会話を進めていきます。

ありさ
ありさ

華丸さんはどんなお酒飲むんですか?

ぎょろめ男
華丸さん

焼酎と日本酒以外は飲むよ!

ありさ
ありさ

そうなんですか、洋酒の方がお好きなんですね!

みたいな感じで話をしますが、華丸さん、まあ自分の話ばかりするわけです。

1通り話し終わったと思ったので

「さすがに次は私に話題振ってくれるか?」
「逆に私が質問しすぎなのか?」

と思って黙ってたら、

めちゃめちゃ見つめてきますやん。

しかも無言だし、妙に微笑んでるし。

(ええ!!!なになになに!!!こえええ!!!)

怖すぎて、パスタを運ぶ手が止まりました。

その大きな目で見つめられると余計怖いです。

なにか口についてるのかな?と思って紙フキンで口周りを拭いてみるが、華丸さんの見つめる攻撃変わらず。

(これはもしや、俺の胸のパスタを食べろということなのか?
たしかにどっちがパスタか分からんような気も…)

思わずフォークが華丸さんの胸に伸びそうになってしまった。

(イカンイカン、動揺しすぎだ…しっかりせねば!!)

気を確かに持ち直したした私は、一旦微笑み返し「話題を提供しろということなのか?」と思い、パスタをゆっくり口に運びながら頭はフル回転。

なんとか見つめる攻撃をかわして、そのあともひたすら聞き役に徹しました。

たまに話題を振ってくれたなと思ったら

ぎょろめ男
華丸さん

ありさちゃん、どこに住んでるの?

というオープニングトークでする質問。

(なぜ今?聞くタイミングもっと前にあったよね…?)

と思いながらも答えましたが、

ぎょろめ男
華丸さん

へぇ~、そうなんだ。

で終わって沈黙。

(興味なしかよ!もうちょい聞くことあるだろ!)

ランチデートだったので1時間くらいしてお店を出ました。

お会計は払ってくれました。ご馳走さまでした。

悪い人ではないけどタイプじゃなかった…

お店を出てから方向が同じだったので途中まで一緒に歩いてました。

私を置いて先にスタスタ歩いていきます。

(もう…マイナス10ポイント!!!)

ありさ
ありさ

じゃあ、ここらへんで。
ごちそうさまでした、ありがとうございました!

ぎょろめ男
華丸さん

また時間ある時、ランチ行こうよ。
ラインやってる?聞いてもいい?

ありさ
ありさ

はい、大丈夫ですよー!

(無言で見つめられるのはもう嫌だー!!!)

ぎょろめ男
華丸さん

じゃあ、メッセージでID送るからよろしくね!

という感じで解散しました。

華丸さんからラインIDが送られてきましたが、私がそのIDを検索することはこの先ありません。

夏の海で華丸さんとデートしているところを想像したのですが、やはり胸のパスタで頭がいっぱいになり、それ以上は考えられませんでした。

というか、これからもパスタを食べるたびに華丸さんのことを思い出しそう…

Forever in my memory.

私はタイプではなかったのですが、無言で見つめてくるのを除けば、普通に優しくていい人でした。

素敵な彼女が見つかりますように。

おわりに

いつも使ってるタップルはガツガツした人が多いと思ってましたが、なかには真面目で優しい方もいるようでちょっと安心しました。

年上の真面目な方と出会いたいならタップルはオススメです。

歳が少し離れた方とデートするときは、場所を考えなければいけないなと勉強になりました。

今回のことを活かし、これからも出会いを求めていこうと思います。

私に彼氏ができる日はまだまだ遠そうです。

以上、タップルデート体験談でした。

・マッチングアプリ:タップル
・出会い方:相手からのいいね
・年齢:44歳
・職業:サービス業
・ルックス:軽い写真詐欺…

ありさおすすめ!タップル誕生の登録はこちらから!

タップル

趣味に関するカテゴリーが豊富で同じ趣味の方を見つけやすいマッチングアプリ。

おでかけ機能」を使い、おでかけしたい者同士、気楽に誘って集まることもできます。

真剣に恋活・婚活してる方にはもちろん、友だち作りにもおすすめ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました